錠剤

免疫力を高める方法を知ろう|病気にかかりにくくなる

いつでも元気に生活

男性

激しい運動は要注意

免疫は、人体のバリア機能です。よって、十分な免疫力があれば風邪などの病気を防ぐことができます。免疫力を高める方法のひとつとして、運動習慣が大きく関係しています。しかし、過度な運動には注意が必要です。それは、免疫物質のガンマグロブリンAの分泌が関係しています。ガンマグロブリンAは、激しい運動をすると著しく低下する特徴があるため、疲れが貯まる激しい運動は返って免疫力を弱らせてしまう可能性があるのです。しかし、適度な運動は自律神経を整える作用を有しています。また、身体を動かす行為がストレスや疲労につながらないように気を付けます。運動は良いことですが、限度が過ぎると疲労が蓄積されます。それによって、免疫機能に支障をきたしては、元も子もありません。以上の点から、免疫力を高める方法は、軽度の運動がふさわしいといえます。

がんの発生を抑制します

免疫力を高める方法は、腸内環境を整えることです。腸内は、善玉菌と悪玉器の2種類の腸内細菌が住んでいます。そして、善玉菌の力が強いときは、健康で身体の調子が良くなります。一方、悪玉菌の力が勝ると免疫力が低下して、風邪などをひきやすくなります。日常生活から免疫力を高める方法は何個かありますが、発酵食品や緑黄色野菜を積極的に摂る方法がベストです。発酵食品の納豆やヨーグルトは、腸内の善玉菌を増やす効果があります。そして、カボチャやニンジンなどの緑黄色野菜は細胞を若々しく保って、免疫力を維持する役割を果たします。そのため、食事の内容を意識することで、免疫細胞を活性化するので健康維持を期待できます。そのうえ、がんの発生を抑制できるメリットも有しています。